• 本

有頂天家族 〔2〕

二代目の帰朝

幻冬舎文庫 も−12−3

出版社名 幻冬舎
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-344-42582-8
4-344-42582-0
税込価格 832円
頁数・縦 539P 16cm

商品内容

要旨

狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が英国より帰朝し、狸界は大困惑。人間の悪食集団「金曜倶楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら…。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!

著者紹介

森見 登美彦 (モリミ トミヒコ)  
1979年奈良県生まれ。『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)