• 本

犬たちへの詫び状

出版社名 PHP研究所
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-569-83809-0
4-569-83809-X
税込価格 1,188円
頁数・縦 187P 18cm

商品内容

要旨

「怒りの佐藤」は愛犬家か?犬の敵か?犬は犬らしくあれ、と願う著者の、こんな飼い方、愛し方。

目次

1 犬は犬らしく生きよ(“らしさ”の習性
タロウの過去
ポチ ほか)
2 犬の事件簿(姑根性
犬たちの春
タマなしタロウ ほか)
3 動物たちへの詫び状(熱涙
権べぇ騒動
アホと熊の話 ほか)

おすすめコメント

大の犬好きの著者が、「それでも愛犬家のつもり?」と顰蹙を買いながらも犬は犬らしくあれと願って実践したユニークな飼い方、愛し方。

出版社・メーカーコメント

私は自分では犬好きだと思っているが、この本を読んだ人は「犬好き?とんでもない!」といわれることだろう。さよう、私は変種の犬好きなのである(by佐藤愛子)――本書は、佐藤愛子先生の名エッセイから、犬と動物に関するものを厳選して集めました。 「怒りの佐藤」に「こらーっ!」と怒鳴られ、おもらしをしたり、終始上目づかいになったりしている佐藤家の犬たち。しかし、眠りながらうなされる犬の過去を憐れみ、ご近所の苦情をものともせずのびのびと庭をかけまわれるように鎖につなぐことなく、次々生れる子犬の貰い手に手を焼きながらも去勢をためらい(しかし、ついにタマ抜きをせざるをえなかった)。ドッグフードは味気ないと犬のためにご飯を炊いて日替わりの味付けをする佐藤先生を、犬たちは愛すべき飼い主と思うのか、それとも犬の敵と思うのか…。変種の犬好きとはどんな?? 愛犬家の皆さん、ぜひ本書を読んでみてください。

著者紹介

佐藤 愛子 (サトウ アイコ)  
大正12年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。昭和44年『戦いすんで日が暮れて』(講談社)で第61回直木賞、昭和54年『幸福の絵』(新潮社)で第18回女流文学賞、平成12年『血脈』(文藝春秋)の完成により第48回菊池寛賞、平成27年『晩鐘』(文藝春秋)で第25回紫式部文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)