• 本

マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術

出版社名 大和書房
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-479-79586-5
4-479-79586-3
税込価格 1,404円
頁数・縦 221P 17cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

初級・1st.STEP―基本中の基本!主語と述語について考える(書く前に自分と向き合う―自分の長所と短所を見つける
ボディーづくりは骨格と肉から―主語と述語の対応 ほか)
中級・2nd.Step―文章を書く基本!文と文章の構造を考える(距離感は大切でしょ!―こそあど言葉
しつこいと嫌われる―同じ表現を繰り返さない ほか)
上級・3rd.Step―めざせ!伝わる文章 人の思考を意識する(何にでも相性はある―述語に掛かる品詞はそろえる
二股かけると失敗するぞ―一つの文に一つの要素 ほか)
プロ級・Final Step―秘策!文章マスターへの道「Why」を意識する(知ってるつもりが一番危ない―5W1Hの活用を考える
厚化粧は必要ない―とことん「Why」を使って書く ほか)

おすすめコメント

本書は、朝日新聞のベテラン校閲記者が教える、新感覚の文章講座。 文章の基礎から、物事を客観的に捉えてストーリーを練りあげる 超実践的な文章術まで学べる一冊です。 ・文と文章の違いとは? ・「だが」と「ので」はできるだけ使わない ・過去の話でも現在形をまぜると「ライブ感」が生まれる ・「状況」「変化」「行動」、人間の思考に沿って文章を組み立てる ・Whyを使って話を広げる 等、著者が35年間培った文章術のノウハウを、おじさんと女子の 対話形式でわかりやすく解説。 一見軽い作りですが、文章レベルに応じたテーマごとの構成で、 初級からプロ級まで、幅広く活用できます。 タイトルや構成、可愛いイラスト等、他にはない斬新な一冊。 刊行後すぐに口コミで評判を呼び、わずか3か月で10回重版した人気商品です。 ぜひ、立ち読みページからご一読ください。

出版社・メーカーコメント

朝日新聞のベテラン校閲記者が教える超新感覚な文章講座。 文章の基礎の基礎から、物事を客観的に捉えてストーリーを練りあげる超実践的な文章術まで学べます。 あなたは、自分の伝えたいことをしっかり文章で伝えることができますか? たとえば、就活のエントリーシート…… 伝えたいことをきっちり書けるかどうかで、希望の会社や希望の職種につけるかどうかが決まります。 どんなに伝えたいことがあっても、文章が下手な人はダメな人と評価されてしまいます。 その他、メール、手紙、企画書、報告書、稟議書…… 毎日文章を書く機会は山のようにあります。 この本は、どんな場面にも使えて、自分の未来を切り開く武器となる文章力を身につける一冊です。 【各業界の著名人が大絶賛。】 ★元国立国語研究所所長・甲斐睦朗氏 文章が書けることは、自己実現の道である。35年間の著者の新聞校閲の蘊蓄をわかりやすく開陳。激賞! 就活の大学生に推挙したい。 ★早稲田大学教授・笹原宏之氏 言いたいことがあるのに、書くと何か伝わらない。ならばこの本を開きましょう。読みやすく、きちんとした文章がきっと身につきます。 ★事業構想大学院大学学長/宣伝会議取締役・田中里沙氏 TPO(時と所と場合)が複雑に絡み合う現代において、文章の専門家から学ぶ言葉選びと表現力は、自らの未来を拓く力になる。 ★ハーバード大学医学部客員教授/パリ大学医学部客員教授/医学博士 ・根来秀行氏 専門用語を易しい言葉に言い換えるのは難しい。本書は、難しいことを分かりやすい文章で伝えたい人に、最適の書である。 ★事業構想大学院大学教授・江端浩人氏 AIが発達しても、思考は人間の言葉で生み出される。謎のおじさんは、文章を通じて思考方法を伝授しているに違いない。社会人にも読んでほしい一冊。 ★三省堂辞書編集者・奥川健太郎氏 「過去の話でも現在形を交えるとライブ感が出る」など、実践的なノウハウが満載! 文章力を磨きたいすべての方におすすめです。 ★読売新聞東京本社紙面審査委員会企画委員・関根健一氏 文章を書く力を身に着けて、人生の道を切り開いて行け! 謎のおじさんのメッセージにちょっと感動してしまいました。

著者紹介

前田 安正 (マエダ ヤスマサ)  
朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長/未来交創ビジョンクリエイター。早稲田大学卒業、朝日新聞社入社、名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長、編集担当補佐兼経営企画担当補佐などを歴任。国語問題、漢字についての特集や連載、コラムを担当。漢字の字源、文章に関する本など著書も多い。朝日カルチャーセンターのエッセイ教室や早稲田大学生協主催の就職支援講座を担当。「文章の直し方」など企業の広報研修にも出講(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)