• 本

追想の探偵

出版社名 双葉社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-575-24030-6
4-575-24030-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 308P 20cm

商品内容

要旨

消息不明の大物映画人を捜し出し、不可能と思われたインタビューを成功させる―“人捜しの神部”の異名を取る女性編集者・神部実花は、上司からの無理難題、読者からの要望に振り回されつつ、持てるノウハウを駆使して今日も奔走する。だが自らの過去を捨てた人々には、多くの謎と事情が隠されていた。次号の雑誌記事を書くために失われた過去を追う実花の取材は、人々の追憶を探る旅でもあった…。

おすすめコメント

愛する雑誌を守るため、上司の無理難題や個性的な面々に挫けず、「日常のハードボイルド」を生きる若き女性の活躍を描いた連作短編集。

著者紹介

月村 了衛 (ツキムラ リョウエ)  
1963年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2010年に『機龍警察』で小説家デビュー。12年に『機龍警察自爆条項』で第33回日本SF大賞、13年に『機龍警察暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、15年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)