• 本

明日、何を作ろう くらしのきほん

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-04-601861-8
4-04-601861-5
税込価格 1,512円
頁数・縦 158P 21cm

商品内容

目次

主食(やさしく、かるく、ふわっと おむすび
ちいさな発明 ウインナーのケチャップ和え ほか)
和のおかず(ご飯にのせてみたり 味玉
奇跡のおいしさ 鶏のから揚げ ほか)
洋のおかず(甘くてさわやか おいしいキャロット・ラペ
ふわふわでクリーミー スクランブルエッグ ほか)
おやつ(冷たくて甘いデザート オレンジのシロップ漬け:わたしにもできる ドーナツ ほか)

おすすめコメント

料理は、レシピを決め、材料を買うところから始まります 心がほっとする料理、幼い頃の思い出の味、自分へのご褒美の甘味、などなど、エッセイストがおくる珠玉のレシピ集

著者紹介

松浦 弥太郎 (マツウラ ヤタロウ)  
「くらしのきほん」主宰/エッセイスト。2006年から「暮しの手帖」編集長を9年間務め、2015年4月から勤めたクックパッド(株)を経て、2017年より新たな挑戦を始める。「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における、たのしさや豊かさ、学びについての執筆や活動を続ける。著書多数。雑誌連載、ラジオ出演、講演会を行う。中目黒のセレクトブックストア「COW BOOKS」代表でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)