• 本

組長刑事(デカ) 〔3〕

跡目

光文社文庫 み33−19

出版社名 光文社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-334-77471-4
4-334-77471-7
税込価格 734円
頁数・縦 345P 16cm
シリーズ名 組長刑事(デカ)

商品内容

要旨

羽賀亮は、警視庁捜査一課の刑事でありながら『羽賀組』四代目を務める“組長刑事”である。上野の雑居ビルのエレベーターで発見された射殺体。被害者は、博徒集団『城戸組』の組長だった。羽賀が捜査に乗り出した矢先、組長の妹・真奈美が現れる。兄を亡くした妹が口にした、城戸組と羽賀組の浅からぬ縁、そして驚くべき依頼とは―。大波乱のシリーズ第三弾。

おすすめコメント

四代目だった兄を射殺された貴島真奈美は、初代組長の遺言状を読み、組長刑事こと羽賀亮を頼った。6か月連続刊行第3弾。

著者紹介

南 英男 (ミナミ ヒデオ)  
1944年東京生まれ。明治大学卒業後、雑誌編集者を経て青春ハードボイルド小説などを執筆して人気を博す。’85年『街に棲む野獣』以降、ハードサスペンスに取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)