• 本

習近平の中国 百年の夢と現実

岩波新書 新赤版 1663

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-00-431663-3
4-00-431663-4
税込価格 886円
頁数・縦 220,3P 18cm

商品内容

要旨

五年に一度の党大会を前に、その一強体制を盤石にしたように見える習近平指導部。だが、経済成長が鈍化し、価値観が多様化するなか、十三億人を率いていくのは容易ではない。結党、建国百年へ向け、習の目指す先はどこか。政権発足時から現地で取材してきた著者が、外交・内政・党内政治から、その行方を分析する。

目次

序章 習近平の描く夢
第1章 勃興する大国、波立つ世界(米中の攻防
海への野心
日中の地殻変動)
第2章 中国式発展モデルの光と影(改革開放のひずみ
農民を食べさせる
国家の繁栄、市民の憂鬱)
第3章 十三億人を率いる党(強まる自負と深まる危惧
「核心」時代の党大会)
終章 形さだまらぬ夢

おすすめコメント

「核心」にのぼりつめた、強きリーダー習近平。13億人を率いる難しい舵取りと、一強体制の危うさとは。

著者紹介

林 望 (ハヤシ ノゾム)  
1972年長野県生まれ。1995年東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業。信濃毎日新聞、人民中国雑誌社勤務の後、2001年に朝日新聞社入社。香港支局長、広州支局長などを経て、2012年から中国総局員として中国の政治・社会分野の取材を担当。2016年から米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)