• 本

田母神裁判傍聴記

出版社名 青林堂
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-7926-0591-9
4-7926-0591-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 203P 19cm

商品内容

要旨

誰が何のために田母神俊雄氏を追い込んだのか?横領罪では不起訴となった田母神事件、これは仕組まれたものだったのか!?チャンネル桜の真意から検察の思惑まで、法廷の現場からその全容を読み解く!

目次

第1章 田母神先生と水島氏の確執
第2章 突然、始まった水島氏の田母神先生批判と検察への克発
第3章 二つのビデオの存在
第4章 渡辺眞先生と諸橋会長との対談
第5章 第5回裁判
第6章 第6・7回裁判
第7章 島本順光事務局長裁判報告
第8章 平成28(2016)年12月の攻防
第9章 平成29(2017)年1月〜2月の攻防
第10章 今村直樹氏の闘い
第11章 平成29(2017)年3月10日最後の公判廷

おすすめコメント

仕組まれた田母神事件の真相に迫る!田母神裁判闘争の全記録。チャンネル桜の真意から検察の思惑までその全容をすべて明らかにする!

著者紹介

瀬戸 弘幸 (セト ヒロユキ)  
昭和27年福島県生まれ。政治運動家、農業家。日本第一党最高顧問。日本農業助合機構福島支部代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)