• 本

日露外交 北方領土とインテリジェンス

角川新書 K−137

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-04-082144-3
4-04-082144-0
税込価格 864円
頁数・縦 272P 18cm

商品内容

要旨

戦後70年を過ぎたが、北方領土交渉は実際には進捗したのか、後退したのか?ソ連時代からあの国と交渉をし、いまも分析を続ける著者が交渉の実態を解説する。現役外交官時代、ソ連崩壊期に匿名で緊急出版した論稿『ソ連の「ほんとうのホント」』を特別掲載。外交分析に必要な内在的論理は、今も変わっていないのである。

目次

第1部 極東新時代(地政学的状況の変化
ベレゾフスキーは日本に好意的だった ほか)
第2部 毒蛇と毒サソリ(「事態を力で封じ込めろ」ロシアからウクライナへのメッセージ
応援できない毒蛇と毒サソリの戦い ほか)
第3部 外交という戦争(対露制裁と日露関係
ロシアに送った好意的メッセージ ほか)
第4部 北方領土(得点を狙う首相に不安
メドベージェフの北方領土視察表明は日本大使館の怠慢だ ほか)
特別掲載 ソ連の「ほんとうのホント」(なぜ、バルトは泥沼に陥ったのか
先祖返りする諸民族)

おすすめコメント

領土問題解決の道筋は見えた。現役外交官時代、ソ連崩壊期に匿名で緊急出版した幻の論稿を初掲載! 戦後70年を過ぎたが、北方領土交渉は実際には進捗したのか、後退したのか? ソ連時代からあの国と交渉をし、いまも分析を続ける著者が交渉の実態を解説する。本書には現役外交官時代、ソ連崩壊期に上司に黙って匿名で著した『ソ連の「ほんとうのホント」』を初掲載!!! 外交分析に必要な内在論理は、冷戦期も今も変わっていないのだ。外交という“戦争”の肝を抑える、インテリジェンスの指南書。<目次> まえがき 第1部 極東新時代 第2部 毒蛇と毒サソリ 第3部 外交という戦争 第4部 北方領土 特別掲載 ソ連の「ほんとうのホント」 プロローグ いま、「純粋民族衝動」がソ連を襲っている 第一章 なぜ、バルトは泥沼に陥ったのか 第二章 先祖返りする諸民族 エピローグ 難局をどう乗り越える、ゴルバチョフ

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
作家・元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、以後東京拘置所に512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し、外務省を失職。05年に発表した『国家の罠』(新潮文庫)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』(新潮文庫)で第5回新潮ドキュメント賞、07年第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)