• 本

新八犬伝 転

角川文庫 い95−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-04-104740-8
4-04-104740-4
税込価格 734円
頁数・縦 306P 15cm
シリーズ名 新八犬伝

商品内容

要旨

犬塚信乃は海賊から救い出した娘リョンピンを明の国に送った帰り、船が難破し琉球に流れつく。そこで出会った王子の剥奪された王位継承権を取り戻すため、一肌ぬぐことになる。王宮は〓(みづち)の化身の摂政に支配されていた。恋人浜路は人買いによって遠州は高天神城に売られるが、兄犬山道節の火遁の術で助けられ、琉球から戻った信乃と再会を果たす。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと人気を博した人形劇の完全小説版。第3弾!

おすすめコメント

水もしたたる美少年、犬阪毛野は父の仇である管領扇谷定正を狙い、その屋敷に潜り込むが奥方蟹目の方に正体がばれて、牢に入れられてしまう。その毛野を一目見た扇谷の一人娘陽姫が見て恋焦がれるように…! 何とか娘に諦めさせようと、毛野に剛の者たちとの婿取り試合をさせるが…。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと大人気を博した伝説の人形劇を、脚本家自らが書き下ろした完全小説版、第3弾!

著者紹介

石山 透 (イシヤマ トオル)  
1958年に脚本家デビュー。85年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)