• 本

ガラスの靴

新潮文庫 フ−62−1

出版社名 新潮社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-10-220096-4
4-10-220096-7
税込価格 562円
頁数・縦 269P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「大人向け、本当は怖いグリム童話」など流行りましたが、
    こちらは「王道・シンデレラ」です。
    シンデレラといえばディズニーアニメを思い浮かべると思うけど、まさにそれ!
    元々は児童劇だったものを物語にしたとか。

    すごくキラキラして素敵なのですよ。
    主人公のシンデレラ、意地の悪い継母、かしましい姉たち、気の弱い父親、どこか頼りない王子、気位の高い家来、、、。
    描かれるキャラクターが生き生きとして、読書というより「覗き見」をしているようなのです。
    セリフの言い回しなんかが非常に良くて、これは訳者の腕ですねぇ。
    オチから何からわかりきっているのに夢中で読めて楽しめる素敵な本です。
    キラキラしたおとぎ話の世界は現実の生活とはまるで違って、
    なんというのでしょうか、、
    空中にふわふわと浮かびながら世界を眺めているようなそんな気分になれます。

    (2017年8月21日)

商品内容

要旨

まま母と二人の義理の姉にこき使われても明るく暮らす16歳の少女エラ。お城から舞踏会への招待状が届くが、まま母の意地悪でエラは留守番。悲しみに暮れる彼女に、美しい妖精が魔法をかけて―。輝く宝石と煌めくドレス、珍しいご馳走、不思議な道化、無邪気なダンス、極上の砂糖菓子、そして王子のキス。夢のように魅惑的な言葉で紡がれた、ときめきと幸せが溢れだす永遠のシンデレラ物語。

著者紹介

ファージョン,エリナー (ファージョン,エリナー)   Farjeon,Eleanor
1881‐1965。英国ロンドンで人気作家の父のもとに生れる。若い頃から脚本や詩集を執筆し、40歳のときに『リンゴ畑のマーティン・ピピン』で作家としての地位を確立する。その他の作品に『本の小べや』(カーネギー賞受賞)などがあり、すぐれた児童文学者として第1回国際アンデルセン賞を贈られる
野口 百合子 (ノグチ ユリコ)  
1954年生れ。東京外国語大学英米語学科卒。出版社勤務を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)