• 本

東京お遍路ゆる散歩 江戸御府内八十八ケ所とことこ歩き

出版社名 キノブックス
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-908059-68-1
4-908059-68-3
税込価格 1,728円
頁数・縦 231P 19cm

商品内容

要旨

「御府内」とは、江戸城を中心に、品川、深川、本所、千住、四谷、板橋あたりを境にしたその内側の地域(ほぼ現在の東京23区)を指します。江戸時代に生まれた、弘法大師様ゆかりのお寺(札所)を巡る、お遍路コースのこと。お寺巡りの魅力が詰まったイラストエッセイ&ガイドブック!

目次

第一番から三田周辺
四谷から信濃町周辺
早稲田から目白周辺
東上野から浅草周辺
谷中周辺
北区周辺から巣鴨
港区周辺
文京区周辺
落合周辺から神楽坂
中野区周辺
品川周辺から恵比寿
赤坂から千駄ヶ谷周辺
江東区周辺から両国
練馬周辺
日野、烏山、秦野
西新宿方面から第八十八番

おすすめコメント

四国お遍路って、やってみたいけど時間もないし、たいへんそうだし、そもそも遠いし……と思っている人は多いはず。でも、そんなお遍路が東京でもできるって知っていましたか? 東京版お遍路、「御府内???ヶ所」を、人気イラストレーターで、親しみやすいエッセイにも定評がある著者がゆるゆると巡る、イラストエッセイ。Webマガジン『キノノキ』好評連載企画の書籍化です!

著者紹介

松尾 たいこ (マツオ タイコ)  
アーティスト/イラストレーター。広島県呉市生まれ。数多くの書籍装画や広告の他、六本木ヒルズのグッズパッケージなども手がける。2014年より「千年陶画」プロジェクトで陶器作品の制作を開始。2016年「ブータンしあわせに生きるためのヒント」展(上野の森美術館)のアートディレクションを担当。東京、軽井沢、福井の3か所を拠点に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)