• 本

ハゲましの言葉 そんなにダメならあきらめちゃえば

小学館よしもと新書 Yと1−1

出版社名 小学館
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-09-823506-3
4-09-823506-4
税込価格 864円
頁数・縦 205P 18cm

商品内容

要旨

ハゲでネクラで優柔不断…多くの人が悩むネガティブ要素を持ちながら群雄割拠の芸能界で著者が活躍している秘訣は「ダメならいったんあきらめよう」。その「飛躍につなげるあきらめ方」とは何か。さらに、友達ゼロの暗黒高校時代、最愛の母の死、何度も失敗した初体験、最初で最後の純愛、NSC(吉本総合芸能学院)での相方との出会いとどん底生活、そして『M‐1グランプリ』優勝の過激な裏話まで、人気芸人が今まで語らなかった半生を激白。

目次

序章 「誰だと思ってんだ、斎藤さんだぞ!」…と言えるまで
第1章 少年時代からずっと原動力は女の子だぞ
第2章 友達ゼロの高校時代「黒歴史」の真実
第3章 遅れてきた青春時代に降りた髪のお告げ
第4章 売れっ子芸人になるために日々毛進!
第5章 『M‐1』チャンピオンの向こう側
第6章 励ましの言葉―いまの僕だから言えること

出版社・メーカーコメント

トレンディエンジェル斎藤が半生を初激白 「誰だと思ってんだ、斎藤さんだぞ!」全開の初書籍! ハゲでネクラで優柔不断……斎藤さんが抱えている、このネガティブな要素には多くの人々が頭を悩ませている。その斎藤さんが群雄割拠のお笑い界で活躍している秘訣は「ダメならいったんあきらめよう」。劣等感だけではない。斎藤さんは高校時代に見舞われた最愛の母の早すぎる死など、いくつもの辛い出来事や逆境をあきらめることで乗り越えてきた(「頭髪の後退もね!」by斎藤司)。斎藤さんが悩んで悩んでたどり着いた「次の飛躍につながるあきらめ方」を初公開! さらに本書では、友達ゼロの超暗黒高校時代、何度も失敗した童貞卒業、最初で最後の純愛、NSC(吉本総合芸能学院)での相方たかしとの出会いとどん底生活、そして『M-1グランプリ』優勝時の過激な裏話まで、いままで語られなかった半生を激白。斎藤さんファンはもちろん、コンプレックスに悩む人必読の一冊!

著者紹介

斎藤 司 (サイトウ ツカサ)  
1979年2月15日生まれ、神奈川県出身。現相方のたかし(1986年1月30日生まれ、東京都出身)と、2005年にコンビ「トレンディエンジェル」を結成。ともにNSC(吉本総合芸能学院)東京十期生。ふたりの共通の特徴である“薄毛”をポップに生かした、スピード感のある漫才を得意とする。その実力は折り紙つきで、2014年に『THE MANZAI』で準優勝、翌年には『M‐1グランプリ2015』にて敗者復活枠からの優勝を果たし、テレビ、雑誌、舞台など活躍の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)