• 本

脳を鍛える茂木式マインドフルネス

出版社名 世界文化クリエイティブ
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-418-17227-6
4-418-17227-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

マインドフルネスとは、「今、ここ」で起こっていることに注意を向け、自分が感じている感情、思考を判断せずに観察している心の状態のこと。マインドフルネスによっていかに幸福に生きられるか。実践することで脳が物理的にどう変わっていくのか。日常生活においてどのようなことを実践すればいいのか、お話ししていきます。

目次

1章 マインドフルネスの本質(脳のメンテナンスを行うデフォルト・モード・ネットワーク
ブーム到来?!マインドフルネス ほか)
2章 マインドフルネスがもたらしてくれるもの(マインドフルネスの三大ベネフィット
海に向かってヴァイオリンを弾くフィオナ ほか)
3章 マインドフルネスで脳とカラダはどう変わるのか?(脳が何もしていないときに働くデフォルト・モード・ネットワーク
瞑想は呼吸に意識を集中させるだけ ほか)
4章 実践!茂木式マインドフルネス(実は逆輸入だったマインドフルネス
実践マインドフルネス ほか)
5章 人生が変わるマインドフルネス(僕を変えた「マインドフルネス」との出会い
相手をそのままそっくり受容する ほか)

おすすめコメント

グーグルなどが取り入れていることで注目される、マインドフルネス瞑想法。生き難さを感じているすべての人に。かつて悩める青年だった茂木健一郎さんの実体験に根ざした「茂木式マインドフルネス」を紹介します。神経質で理屈っぽく生きるのが苦しかったという学生時代、「箱庭療法」などを受けた茂木さん。以来「今、ここを感じる」=「マインドフルネス」を、30年以上実践してきました。茂木さん自身の人生を変えた、日常実践できるマンドフルネスは、必ずあなたの役に立つことでしょう。

著者紹介

茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年東京都生まれ。脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、現在ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。2005年『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞受賞。2009年『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)