• 本

教団X

集英社文庫 な54−2

出版社名 集英社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-08-745591-5
4-08-745591-2
税込価格 864円
頁数・縦 601P 16cm

商品内容

要旨

突然自分の前から姿を消した女性を探し、楢崎が辿り着いたのは、奇妙な老人を中心とした宗教団体、そして彼らと敵対する、性の解放を謳う謎のカルト教団だった。二人のカリスマの間で蠢く、悦楽と革命への誘惑。四人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者の最長にして最高傑作。

出版社・メーカーコメント

謎のカルト教団と革命の予感。4人の男女の「運命」が重なり合い、この国を根底から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。世界で注目を集める著者の最長にして圧倒的最高傑作、待望の文庫化!

著者紹介

中村 文則 (ナカムラ フミノリ)  
1977年愛知県生まれ。福島大学卒業。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞してデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞、05年『土の中の子供』で芥川賞、10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。米紙ウォールストリートジャーナルで、『掏摸』の英訳版が2012年のベスト10小説に、『悪と仮面のルール』の英訳版が2013年ベストミステリーの10作品に選ばれる。14年にDavid L.Goodis賞(米)を日本人として初受賞。16年、『私の消滅』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)