• 本

中世ふしぎ絵巻

出版社名 ウェッジ
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-86310-182-1
4-86310-182-1
税込価格 3,456円
頁数・縦 127P 27cm

商品内容

要旨

山は鳴動し、馬が話し、龍が飛ぶ。将軍は虹を飲み込み、百鬼が練り歩き、高僧は奇跡をおこす…中世はふしぎな出来事がたくさんおきた時代でした。この本はそんなふしぎの背景を美しい挿絵とともに解説。激動の中世が体感できるまさに、現代版「絵巻」です。

目次

妖の章(北野天満宮の怪鳥
室町御所の妖物
髪切りの怪 ほか)
怪の章(金花銀花
聖地からの警告
虹立つ ほか)
化の章(釜鳴り
竹林の女
虹を飲む夢 ほか)

著者紹介

西山 克 (ニシヤマ マサル)  
東京都生まれ。京都大学大学院博士課程単位取得。関西学院大学文学部教授。東アジア恠異学会前代表
北村 さゆり (キタムラ サユリ)  
静岡県生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修了。日本画家として、また2015‐16年には日本経済新聞で新聞小説(宮部みゆき「迷いの旅篭」)の挿絵を担当するなど、幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)