• 本

発想法 創造性開発のために

改版

中公新書 136

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-12-180136-4
4-12-180136-9
税込価格 778円
頁数・縦 230P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

情報を整理し、新たな発想に結びつけるためのツールとしてよく知られるものに「KJ法」がある。これは1960年代に文化人類学者の川喜田二郎氏が開発したメソッドで、名称は同氏のイニシャルに由来する。きわめて有用なツールとして今でも企業研修などに取り入れられることが多く、海外にも広まっている。そのKJ法が初めて紹介されたのが、1967年刊行の本書。発想法の古典的名著として読み継がれてきた本書では、科学を書斎科学、実験科学、野外科学に分類し、複雑で流動性の高い野外の現場(フィールド)を対象とする野外科学には仮説を立てる前段階の「発想」が必要だとする。そしてそのために著者が編み出したKJ法について、その意味づけや具体的手順、注意事項などを詳細に解説している。著者は東京工業大学教授、筑波大学教授、中部大学教授を歴任し、KJ法本部川喜田研究所理事長を務めた。2009年7月逝去。本書は2016年5月まで89版を重ねた新書の改版である。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2017年09月12日]

商品内容

要旨

ここで語られる「発想法」つまりアイディアを創りだす方法は、発想法一般ではなく、著者が長年野外研究をつづけた体験から編みだした独創的なものだ。「データそれ自体に語らしめつつそれをどうして啓発的にまとめらよいか」という願いから、KJ法が考案された。ブレーン・ストーミング法に似ながら、問題提起→記録→分類→統合にいたる実技とその効用をのべる本書は、会議に調査に勉強に、新しい着想をもたらす。

目次

1 野外科学―現場の科学
2 野外科学の方法と条件
3 発想をうながすKJ法
4 創造体験と自己変革
5 KJ法の応用とその効果
6 むすび

おすすめコメント

ロングセラー改版の第三弾。著者が長年野外研究をつづけた体験から編みだした独創的な発想法である「KJ法」がコンパクトにわかる。

著者紹介

川喜田 二郎 (カワキタ ジロウ)  
1920年(大正9年)、三重県に生まれる。1943年、京都大学文学部地理学科卒業。大阪市立大学助教授、東京工業大学教授、筑波大学教授、中部大学教授を経て、KJ法本部川喜田研究所理事長、元社団法人日本ネパール協会会長、ヒマラヤ保全協会会長。民族地理学専攻。理学博士。1958年、西北ネパール学術探検隊長。昭和53年度秩父宮記念学術賞、マグサイサイ賞、経営技術開発賞、福岡アジア文化賞受賞。2009年7月、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)