• 本

トランプ政権の米国と日本をつなぐもの

出版社名 青林堂
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-7926-0596-4
4-7926-0596-2
税込価格 1,296円
頁数・縦 213P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

トランプ政権発足から約半年、新たな局面を迎えた日米関係は今後どうなる!?外交、防衛、政治、社会などについて日米の事情に通じた2人のアメリカ人が大いに語る!

目次

第1章 2017年の日本との再会
第2章 日本の外交、今後の日米関係と日露関係(2年前のキャンプシュワブの事件
北方領土問題の行方
ロシアは日中関係のカードになるか
トランプ大統領と翁長知事)
第3章 トランプ訪日と日米安保体制(トランプ来日はいつになるか
日米の安全保障関係はどうなる
安全保障を強化するには)
第4章 TPPとアジア・太平洋地域の安全保障(トランプ政権下でのアジア・太平洋地域との関係
TPPの行方
慰安婦問題、南京問題
トランプ大統領の靖国神社参拝
靖国は同盟国ではない!?
日米と米韓の壁)
第5章 憲法問題をどう乗り越えるか(憲法問題とGHQ
露わになってきたメディアの不誠実さ
メディアと戦わない日本の政党)

著者紹介

エルドリッヂ,ロバート・D. (エルドリッジ,ロバートD.)   Eldridge,Robert D.
昭和43年アメリカ・ニュージャージー州生まれ。バージニア州リンチバーグ大学国際関係学部卒業、神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授、在沖縄米軍海兵隊政務外交部次長などを経て、日本戦略フォーラム上席研究員やエルドリッヂ研究所代表など
テキサス親父 (テキサスオヤジ)  
トニー・マラーノ。1949年コネチカット州生まれのイタリア系米国人。生後すぐにイタリア系のカトリック教徒が集まるニューヨークのブルックリンへ移り住む。少年時代はボーイスカウトに入り、スカウトマスターになる。ニューヨーク市立大学で歴史学を学び、卒業後に米国大手電話会社であるAT&Tへ入社。転属届けを出し、30歳の時に兄の住むテキサス州へ移住し、現在に至る。2006年よりマスコミの捏造やシー・シェパードを批判する動画をユーチューブに投稿し始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)