• 本

オペラの未来

出版社名 水曜社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-88065-414-0
4-88065-414-0
税込価格 2,916円
頁数・縦 254P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

すべてのオペラ愛好家、オペラの作り手、そして、オペラ嫌いのために。

目次

1 オペラに未来はあるか?
2 作品の解釈(モンテヴェルディの“ウリッセの帰還”ヘンツェ版についての所見
モーツァルトの“後宮からの誘拐”苦しい成熟のプロセス ほか)
3 舞台上演のための必要前提条件(舞台を作るのは誰か?それはどのように学ぶのか?
舞台機構 ほか)
4 劇場の歴史(芸術と利潤のはざまで オペラの資金調達の歴史
舞台美術の様式と錯覚 バロックから自然主義へ ほか)
5 演出家ミヒャエル・ハンペ(作品と解釈の一致(文:アンゲルス・ザイプト)
総監督の責任 ほか)

著者紹介

ハンペ,ミヒャエル (ハンペ,ミヒャエル)   Hampe,Michael
オペラ演出家。ケルン音楽大学教授。1935年ハイデルベルクに生まれる。シラキュース大学でチェロを、オットー・ファルケンベルク演劇学校で演技を学び、ウィーン大学で哲学博士号(舞台技術論)を取得。1972〜75年マンハイム国立劇場総監督、1975〜95年ケルン歌劇場総監督、1992〜2000年ドレスデン音楽祭総監督などを歴任。特に1984〜90年ザルツブルク音楽祭の監督陣の一員として活躍。また国内外の大学・教育機関で教鞭を執る
井形 ちづる (イガタ チズル)  
明治大学文学部非常勤講師。東京藝術大学大学院音楽学専攻修了。ミュンヘン国立総合大学第2哲学科にて研鑽を積む。オペラの字幕、ドイツ・リートの字幕および対訳も多い。また東京藝術大学オペラ定期公演プログラム、海外歌劇場来日公演プログラムの原稿を数多く手掛けている。東京藝術大学音楽学部オペラ科非常勤講師を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)