• 本

裕次郎

出版社名 講談社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-06-220739-3
4-06-220739-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 239P 20cm

商品内容

要旨

没後30年、日本一愛された男。『狂った果実』『俺は待ってるぜ』『嵐を呼ぶ男』『太陽への脱出』『赤いハンカチ』『夜霧よ今夜も有難う』…石原裕次郎と共に歩んだ「あの時代」の物語。

目次

第1章 兄弟が贈った日本版ヌーベルバーグ―『狂った果実』昭和三一(一九五六)年・監督:中平康
第2章 夜霧にむせぶ哀愁の叙情詩―『俺は待ってるぜ』昭和三二(一九五七)年・監督:藏原惟繕
第3章 すれ違う母と子の物語―『嵐を呼ぶ男』昭和三二(一九五七)年・監督:井上梅次
第4章 やってはならないこと―『赤い波止場』昭和三三(一九五八)年・監督:舛田利雄
第5章 死によって打ち砕かれるもの―『世界を賭ける恋』昭和三四(一九五九)年・監督:滝沢英輔
第6章 「性の自由」なる風潮へのアンチテーゼ―『憎いあンちくしょう』昭和三七(一九六二)年・監督:藏原惟繕
第7章 必死に耐えながらも傷ついてゆく男の宿命―『太陽への脱出』昭和三八(一九六三)年・監督:舛田利雄
第8章 恐ろしいほどの時代の感受性―『赤いハンカチ』昭和三九(一九六四)年・監督:舛田利雄
第9章 ミステリアスな叙情詩の最高傑作―『帰らざる波止場』昭和四一(一九六六)年・監督:江崎実生
第10章 揺れ動く現実世界に巻き込まれた男と女の悲哀―『夜霧よ今夜も有難う』昭和四二(一九六七)年・監督:江崎実生

出版社・メーカーコメント

2017年7月、裕次郎が52歳の生涯を閉じてから、30年を迎える。死後30年を経てもなお、彼を愛してやまないファンは数多いだろう。生粋の裕次郎ファンであり、彼の歌なら100曲以上は唄えるという東大名誉教授・本村凌二氏は、彼の「リーダーとしての側面」に注目する。「ことさら裕次郎に注目するのは、昭和史の世相の一齣を語るためではない。私には、裕次郎は稀に見るリーダーとしての資質を備えた人物である、と思えてならないのだ。それは、肝がすわっている、大局的な見方ができる、戦略的思考にたけている、などの次元ではない」・・・・・・なぜ、彼はそれほど魅力的だったのか? なぜ、あの時代に彼は登場し、最も愛され、熱狂的支持を集め続けたのか?『狂った果実』『俺は待ってるぜ』『嵐を呼ぶ男』『世界を賭ける恋』『太陽への脱出』『夜霧よ今夜も有難う』・・・・・・本村氏はその答えを探るべく、1章につき1本の映画を丹念に辿りながら、裕次郎が生きた60年代について書き下ろした。裕次郎の生き様に憧れていた本村氏があの時代を振り返るとき、読者にはこの日本に足りない「傑物」の実像が見えてくるだろう――石原裕次郎と共に歩んだあの時代の物語が幕を開ける。

著者紹介

本村 凌二 (モトムラ リョウジ)  
早稲田大学国際教養学部特任教授、東京大学名誉教授。博士(文学)。1947年、熊本県に生まれる。1973年、一橋大学社会学部卒業。1980年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学教養学部教授、同大学大学院総合文化研究科教授を経て、現職。専門は古代ローマ史。『薄闇のローマ世界』でサントリー学芸賞、『馬の世界史』でJRA賞馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)