• 本

正論 人には守るべき真っ当なルールがある

出版社名 ぴあ
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-8356-3827-0
4-8356-3827-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 187P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「親を大切にしろ」「年上を敬え」「人生金じゃない」「礼儀をわきまえろ」「努力なくして結果なし」…梅沢富美男の人生哲学。

目次

正論序 まずは、僕、梅沢富美男の話
正論壱 若い世代を育てる(世間じゃ理屈なんぞ通用しねえんだ。
不合理から学べ。 ほか)
正論弐 仕事を極める(客の入らない芝居なんて芝居じゃない。
役者なんて、売り物買い物。売れない役者は、役者じゃない。 ほか)
正論参 家庭を守る。子ども愛する(親としての貫禄や本気があれば、絶対子どもに負けない。
善悪を見分ける力、他人の痛みを感じられる心、美しいものは美しい、間違ったものは間違ったと思える感性。 ほか)
正論肆 人生を真っ当に歩む(人に福を与えれば、いつかその福が返ってくる。
人に優しくする、人のお手伝いをする。そのためには、神経を張り詰めないといけない。 ほか)

著者紹介

梅沢 富美男 (ウメザワ トミオ)  
役者・歌手・タレント。本名・池田富美男。1950年11月9日、福島県福島市舟場町で生まれ。1939年に旗揚げした剣劇一座「梅沢劇団」の創設者であり、戦前・戦後間もなくの第一次大衆演劇隆盛期のスター梅沢清と娘歌舞伎出身の竹沢龍千代の5男として生まれる。生後わずか1年7ヶ月で舞台デビュー。以後、子役スターとして活躍。小中学校は芝居を離れていたが、15歳のとき本格的に役者の道へ。1976年、女形に転向。1982年、TBS『淋しいのはお前だけじゃない』の準主役に大抜擢され、さらに知名度を上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)