• 本

マイ・ディア・ポリスマン

出版社名 祥伝社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-396-63522-0
4-396-63522-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 275P 20cm

商品内容

要旨

奈々川市坂見町は東京にほど近い古い町並みが残る町。元捜査一課の刑事だった宇田巡は、理由あって“東楽観寺前交番”勤務を命じられて戻ってきたばかり。寺の副住職で、幼なじみの大村行成と話していると、セーラー服姿のかわいい女子高生・楢島あおいがおずおずと近づいてきた。マンガ家志望の彼女は警官を主人公にした作品を描くために、巡の写真を撮らせてほしいという。快くOKした巡だったが、彼女が去ったあと、交番前のベンチにさっきまでなかったはずの財布が。誰も近づいていないのに誰が、なぜ、どうやって?疑問に包まれたまま財布の持ち主を捜し始めた巡は、やがて意外な事実を知ることに…。

出版社・メーカーコメント

〈東楽観寺前(ひがしらっかんじまえ)交番〉、本日も異常あり?交番に赴任してきたお巡りさんは元捜査一課の刑事。幼なじみの副住職は、説法はうまいけど見た目はヤクザ。彼らの前に現れたマンガ家志望の女子高生は伝説の○○の孫!?町の住人たちが凄(すご)ワザで謎を解く、キュートな新感覚ミステリー!財布が消えた? 現れた? この町で、一体何が起こっている?奈々川市坂見町(ななかわしさかみまち)は東京にほど近い古い町並みが残る町。元捜査一課の刑事だった宇田巡(うためぐる)は、理由(ワケ)あって〈東楽観寺前交番〉勤務を命じられて戻ってきたばかり。寺の副住職で、幼なじみの大村行成(おおむらゆきなり)と話していると、セーラー服姿のかわいい女子高生・楢島(ならしま)あおいがおずおずと近づいてきた。マンガ家志望の彼女は警官を主人公にした作品を描くために、巡の写真を撮らせてほしいという。快(こころよ)くOKした巡だったが、彼女が去ったあと、交番前のベンチにさっきまでなかったはずの財布が。誰も近づいていないのに誰が、なぜ、どうやって? 疑問に包まれたまま財布の持ち主を捜し始めた巡は、やがて意外な事実を知ることに……。

著者紹介

小路 幸也 (ショウジ ユキヤ)  
1961年北海道生まれ。広告制作会社を経て、執筆活動へ。2002年『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で第29回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)