• 本

日本男子♂余れるところ

出版社名 双葉社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-575-31275-1
4-575-31275-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 223P 20cm

商品内容

目次

序章 仏説男根
第1章 包皮前進
第2章 千摺指南
第3章 愛染雁高
第4章 男色交換
第5章 阿吽阿吽
第6章 絶頂巡礼
第7章 針小棒大
第8章 麩茎反転
終章 是菩薩位

おすすめコメント

「余れるところ」とは、『古事記』のイザナキ、イザナミの国生みの神話で初めて描かれた、日本最古の男根の表現。イザナキはイザナミに自分には「成りて成り余れるところ」があるから、あなたの「成り合はぬところ」をふさいで国を作りましょう、と言った。男根は、最初から余っていた! 男の真ん中にぶら下がった余分なものを、ノンフィクション作家・橋秀実が真面目に考えるとどうなるのか。あまりにも考えすぎて途中で著者の男根も勃たなくなってしまうドタバタノンフィクション。人類の半分が持つ不思議な存在に迫る。

著者紹介

〓橋 秀実 (タカハシ ヒデミネ)  
1961年横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒業。テレビ番組制作会社を経て、ノンフィクション作家に。『ご先祖様はどちら様』で第10回小林秀雄賞、『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』で第23回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)