• 本

僕らの社会主義

ちくま新書 1265

出版社名 筑摩書房
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-480-06973-3
4-480-06973-9
税込価格 864円
頁数・縦 231P 18cm

商品内容

要旨

社会が危機に瀕した時代にはいつも、大きな原則「グランド・セオリー」が必要とされてきた。ならば今こそ、それが語られるべきなのではないか?二一世紀現代にも似た一九世紀イギリスでは、数々の社会改革運動が起こった。当時の社会運動家たちが思い描いたのは、有産階級以外の人々も美的に豊かな生活を送れる社会だ。そこにあったのはマルクス主義一辺倒になる前の「あったかもしれない社会主義」だ。「豊かな生活」とは何を意味していたのか。自らがアクティヴィストでもある気鋭の若手論客二人が語り合い、今の自分たちが描くことのできるグランド・デザインを提言する。

目次

はじめに ポストモダンの素敵な社会主義
第1部 いまこそ大きなスケールで―政治哲学編
第2部 あったかもしれない社会主義―故郷イギリス編
第3部 ディーセンシーとフェアネス―理念提言編
第4部 行政×地域×住民参加―民主主義・意思決定編
おわりに 社会主義をつまみ食いしませんか

おすすめコメント

いま求められるグランド・セオリーとは? マルクス主義とは別の「あったかもしれない社会主義」の可能性を、気鋭の論客が語り尽くす

著者紹介

國分 功一郎 (コクブン コウイチロウ)  
1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、高崎経済大学経済学部准教授
山崎 亮 (ヤマザキ リョウ)  
1973年生まれ。studio‐L代表、東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)。全国各地のまちづくり、住民参加型の総合計画づくりなどに参画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)