• 本

きょうの日は、さようなら

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-309-02578-0
4-309-02578-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 222P 20cm

ただ生きていてくれればいい−家族でも恋人でもない、特別な絆の物語

  • 神戸
  • 人のつながり
  • デビュー作

母を亡くした小学生のキョウコが出会った、父の再婚相手のスミレとその息子キョウスケ。居心地の良い家族として幸せな時間を過ごすが、父母の別離でキョウスケとも離れ離れになってしまう。大人になったキョウコは、一人で暮らす神戸のまちでかつての兄に再会するが、キョウスケは立派な「あかんたれ」になっていて・・・。物語の設定もストーリー展開も、いくらでも深刻になれそうな内容なのに、文章が軽やかでくすっと笑えてしまいます。孤独をかかえた人たちがたくさんでてくるのに、みんな楽しくてやさしくて、寂しさよりもあたたかさを感じます。大泣きでも大笑いでもなく、じわっと沁みる気持ちよさ。この作品がデビュー作の、応援したい新人作家さんです。

商品内容

要旨

かつて兄だったキョウスケが勝手に私の人生へと戻って来た。立派な「あかんたれ」になって―どこにいても、ただ生きてさえいてくれればいい―家族や親友や恋人より大切な「運命」の物語。

おすすめコメント

かつて兄だったキョウスケが、勝手に私の人生へと戻って来た――大切な運命の物語。心揺さぶる最高のデビュー小説!斎藤美奈子氏推薦

著者紹介

石田 香織 (イシダ カオリ)  
1976年、兵庫県生まれ。会社勤務の傍ら96年より森田雄三創作塾にて創作を学ぶ。『きょうの日は、さようなら』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)