• 本

ピアリス

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-309-02595-7
4-309-02595-1
税込価格 1,566円
頁数・縦 237P 20cm

商品内容

要旨

ピアリスがぼくのような目にあってませんように。決して決して、ぼくのような目にあってませんように。“ユーロ カルカーシュの予言者”より。願いに力があるのなら、あたしは一番にこのことを願おう。いつか、ユーロに会えますように。“ピアリス「9×7」”より。萩尾望都のSF世界。

おすすめコメント

萩尾望都が90年代に執筆した幻のSF小説を初単行本化! 貴重な挿し絵40点以上掲載。巻末には萩尾望都インタビューも収録。

著者紹介

萩尾 望都 (ハギオ モト)  
1949年、福岡県生まれ。1969年、『ルルとミミ』でデビュー。1972年より連載が始まった『ポーの一族』は、少女漫画界の歴史を変える作品として現在も語り継がれる名作。以後、SFやファンタジーなどを巧みに取り入れた壮大な作風で唯一無二の世界観を表現。あらゆる方面から圧倒的なリスペクトを受けている。『11人いる!』で第21回小学館漫画賞(1976年)、星雲賞コミック部門で3度もの栄冠(1980年に『スター・レッド』、1983年に『銀の三角』、1985年に『X+Y』)、『残酷な神が支配する』で第1回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞(1997年)、『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞(2006年)ほか受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)