• 本

倍賞千恵子の現場

PHP新書 1103

出版社名 PHP研究所
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-569-83660-7
4-569-83660-7
税込価格 994円
頁数・縦 244P 18cm

商品内容

要旨

数々の名作に出演してきた著者が、「現場」で出会った素敵な人びととのエピソードから、著者自身の生き方、演じ方、歌い方までを語り尽します。すっと立っているだけで人間的な美しさを感じさせる名優たち。考えに考え抜いて作品に生命を吹き込む名監督たち。こだわりの仕事で映画を豊かなものにする凄腕スタッフたち…。人情味あふれる逸話の数々から、人間として大切な生き方の「道しるべ」が見えてくる、珠玉の一冊。

目次

第1章 寅さんと渥美さんと私(渥美清さんとの特別な瞬間
寅さんとさくらの言い合いシーン ほか)
第2章 本番、よーいスタート!(もっと何かある、まだ違う何かがある
『下町の太陽』という出会い ほか)
第3章 北海道、そして健さん(吹雪の中に飛び出して
スーパースターのオーラ ほか)
第4章 普通を演じる(さくらになあれ
隠しカメラとアドリブで撮った『家族』 ほか)
第5章 人生というステージ(二兎を追ってみる
可能性を見出してくれた両親 ほか)

著者紹介

倍賞 千恵子 (バイショウ チエコ)  
1941年、東京生まれ。60年、松竹音楽舞踊学校を首席で卒業。同年、松竹歌劇団(SKD)へ入団。61年、松竹にスカウトされ松竹映画『斑女』でデビュー。62年、「下町の太陽」でレコード大賞新人賞を受賞。69年、映画部門では4人目の芸術選奨文部大臣賞を受賞。『男はつらいよ』シリーズのさくら役に代表される庶民派女優として、また歌手としても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)