• 本

「大相撲」知ったら面白すぎる70の話

王様文庫 A94−1

出版社名 三笠書房
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-8379-6829-0
4-8379-6829-5
税込価格 702円
頁数・縦 254P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「体重200キロ」から見えるすごい世界!「気合」を入れすぎるとどうなるか。今日も明日も「ゲンかつぎ」。結婚するにも、ひと騒動!?力士が喜ぶ「応援」、困ってしまう「声援」。シートベルトの長さが足りない!?さてどうする?…国技館の中だけで聴ける「どすこいFM」から生報告!

目次

初日 お相撲さんの朝昼晩
二日目 「相撲界」のしきたり、伝統…謎と不思議がいっぱい!
三日目 「裸」ですけど、ヌードじゃないです
四日目 大相撲「出世物語」―天国と地獄の差!?
五日目 さすが無差別級、土俵は「真剣勝負」!
六日目 なんてったって、「体」を張っていますから
七日目 とにかく「食べる」ことが仕事!!
中日 巨体が生み出す“はてしない世界”
九日目 テレビ中継の「舞台裏」で
十日目 彼らも人の子だった―こんな「素顔」、あんな「胸の内」
十一日目 勝つためには「運」も味方につけないと
十二日目 ジンクス、都市伝説、うわさ…知れば知るほど面白い!
十三日目 親方たちの本音、意外なところにありました
十四日目 「大相撲を支える人々」の人間ドラマ
千秋楽 ごひいきさんもスージョも、「大相撲観戦」の楽しみ方

著者紹介

下角 陽子 (シモカド ヨウコ)  
両国国技館「どすこいFM」キャスター。相撲ジャーナリスト。兵庫県神戸市出身。学習院大学文学部卒業後、ニッポン放送(編成局制作部アナウンサー)入社。1998年退社後、フリーアナウンサーに。2003年より、大相撲東京場所中に両国国技館の館内だけで聴けるミニ・エフエム局ラジオ「どすこいFM」にて、女性初のキャスターをつとめる。相撲関連をはじめとする各種イベントの司会やトークショーなどのコーディネータとしても、幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)