• 本

飛行機の戦争1914−1945 総力戦体制への道

講談社現代新書 2438

出版社名 講談社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-06-288438-9
4-06-288438-0
税込価格 994円
頁数・縦 379P 18cm

商品内容

要旨

貧困層の立身出世の手段としての航空兵。防空演習ですり込まれる空襲への恐怖。一人一人がお金を出し合う軍用機献納運動。未成年の航空兵「志願」と学校、親への「説得」―。「日本軍=大艦巨砲主義」という常識をくつがえし、戦争の実態に迫る力作!

目次

第1章 飛行機の衝撃―大正〜昭和初期の陸海軍航空(飛行機の優劣が勝敗を分ける―航空軍備の建設
飛行機と戦艦
墜落と殉職―人びとの飛行機観)
第2章 満州事変後の航空軍備思想(軍用機献納運動
海軍と民間の対国民宣伝―「平和維持」と「経済」
空襲への恐怖と立身出世)
第3章 日中戦争下の航空宣伝戦(「南京大空襲」―高揚する国民
飛行機に魅せられて―葬儀・教育・観覧飛行)
第4章 太平洋戦争下の航空戦と国民(太平洋戦争の勃発―対米強硬論と大艦巨砲主義批判
航空総力戦と銃後)

おすすめコメント

大艦主義に隠された戦争の実態は? なぜ国民は飛行機のために人、金、物を提供したのか? 気鋭の研究者が描く総力戦体制への道。

著者紹介

一ノ瀬 俊也 (イチノセ トシヤ)  
1971年福岡県生まれ。九州大学大学院比較社会文化研究科博士課程中途退学。博士(比較社会文化、九州大学)。現在埼玉大学教養学部教授。専門は、日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)