• 本

図書館と江戸時代の人びと

出版社名 柏書房
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-7601-4877-6
4-7601-4877-9
税込価格 2,808円
頁数・縦 300P 20cm

商品内容

要旨

収集、出納、館外貸出、レファレンス、司書制度…明治時代に“ライブラリー”ができる以前の歴史を掘り起こす。

目次

第1章 古代・中世の図書館(古代の図書館
中世の図書館)
第2章 将軍専用の図書館・紅葉山文庫(徳川家康の図書文化への関心
紅葉山文庫
書物奉行
将軍徳川吉宗と紅葉山文庫)
第3章 藩校の図書館(藩校とは何か
昌平坂学問所と付属文庫
藩校文庫と「司書」
藩校文庫の利用実態)
第4章 庶民の読書ネットワーク―蔵書家・貸本家・蔵書の家(書物史としての江戸時代
都市の書物ネットワーク―貸本屋と蔵書家
村落の情報ネットワーク「蔵書の家」)

著者紹介

新藤 透 (シンドウ トオル)  
1978年、埼玉県熊谷市生まれ。2006年、筑波大学大学院博士後期課程図書館情報メディア研究科修了。博士(学術)。現在、山形県立米沢女子短期大学准教授、(株)歴史と文化の研究所客員研究員。図書館情報学、歴史学(日本近世史)専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)