• 本

中国バブルはなぜつぶれないのか

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-532-35734-4
4-532-35734-9
税込価格 3,240円
頁数・縦 373P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

減速が見られるとはいえ、驚異的なスピードで世界第2位の経済大国にまで上りつめた中国の経済はいまだ命脈を保っているようにみえる。なぜ、急速な成長に伴うバブルがなかなかつぶれないのか。本書では、独特なシャドーバンキングシステム(※通常の銀行以外の信託会社などによる金融仲介業務)の伸長、急成長に伴う「過剰生産」の実態を明らかにしつつ、その理由を、政府による制度上、政策上の「暗黙の保証」であると分析している。経済成長を第一義とする中国政府がバブルの形成・維持を直接的および間接的に保証する仕組みがあるという。しかし著者は、強靱なバブルはいまや、中国にとっては「時限爆弾」のようなものであり、いずれは崩壊せざるを得ないとし、抜本的な改革が必要だと主張とする。それは、市場を重視し、政府による保証を見直すことと、投資依存から脱した新たな成長モデルの模索であるとしている。著者は、上海交通大学上海高級金融学院副院長、イェール大学国際金融センター・ファカルティ・フェローなどを務める気鋭の中国人経営学者。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2017年09月29日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

気鋭の中国人経済学者が、中央政府が主導し、地方政府、国有銀行、国有企業、業界も加わった、経済成長を最大の目標とし、バブルの形成・維持を「暗黙に保証」する仕組みこそが、中国のバブルの本質であることを鮮やかに分析。バブルは「暗黙の保証」によってセットされた時限爆弾であり、「暗黙の保証」をやめ、市場を経済の中心に据える仕組みへと改革できなければ、強靭な「剛性」バブルは最終的には崩壊せざるをえない、それは時間の問題だ、と警告する。

目次

無傷のデフォルト
破綻はひとつの選択肢(中国のシャドーバンキング問題)
損失を出せない住宅購入者
中国証券監督管理委員会への陳情
オルタナティブ金融イノベーション
成長エンジンの裏側―深刻な低迷
あり余る生産能力
フォーチュン500社から真に国際競争力のある企業へ
すべての信用の源泉―デフォルトとは無縁の政府
まじない師の統計
保証された破綻?暗黙の保証、海外の教訓
潮が引いたとき―改革をどう進めるか

著者紹介

朱 寧 (シュ ネイ)  
上海交通大学上海高級金融学院副院長、イェール大学国際金融センター・ファカルティ・フェロー、カリフォルニア大学特別任期金融論教授、北京大学光華管理学院特別任期金融論教授。中国帰国前にカリフォルニア大学金融論終身教授となる。行動ファイナンス、投資論、コーポレートファイナンス、アジア金融市場論を専門とする。ファイナンス、経済学、マネジメント、法律分野の有力な専門誌に多数の論文を寄稿。アカデミックな研究に加えて、幅広くアセットマネジメント会社のアドバイスも行う
森山 文那生 (モリヤマ フナオ)  
実務翻訳者・出版翻訳家。シティバンク、リーマン・ブラザーズといった米国系金融機関勤務を経て、翻訳者に転身。アーサー・アンダーセン、KPMG、ウォール・ストリート・ジャーナル、三菱東京UFJ銀行等の翻訳者を務め、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)