• 本

「大学改革」という病 学問の自由・財政基盤・競争主義から検証する

出版社名 明石書店
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-7503-4546-8
4-7503-4546-6
税込価格 2,700円
頁数・縦 294P 19cm

商品内容

要旨

「役に立つ学問」という幻想、「純粋な学問」という神話。大学改革における論点を整理し、改革を推進する側と批判する側の根拠や正当性を再考する。「大学とは何か・今後どうあるべきか」を考えるために知っておくべき手がかりがここに。

目次

第1章 日本の大学の何が問題なのか―大学改革の論点と批判
第2章 なぜ巨額の税金を使って「学問の自由」が許されるのか
第3章 大学の大衆化と「アカデミック・キャピタリズム」
第4章 選抜システムとしての大学
第5章 競争すればよくなるのか
おわりに―大学になにができ、なにができないか

著者紹介

山口 裕之 (ヤマグチ ヒロユキ)  
1970年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。現在、徳島大学准教授。専門はフランス近代哲学、科学哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)