• 本

ミニマリスト、親の家を片づける

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-04-601917-2
4-04-601917-4
税込価格 1,404円
頁数・縦 205P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ミニマリスト流親の家の片づけ5原則。モノを捨てたら親子の問題も片づいた!

目次

第1章 親の家には、「家族の問題」が隠れていた!(「汚部屋」と化した親の家、住む場所を失くした義母
汚部屋の原因1 親子のコミュニケーション不足 ほか)
第2章 ミニマリスト流親の家の片づけ5原則(原則1 捨てるが先、考えるのは後
原則2 片づけの「終わり」を具体的に決める ほか)
第3章 最初の1週間で、ゴミと戦う(1日目 最初に、お金のことを話す
2日目 元子ども部屋―思い出の品は、「見ないで捨てる」 ほか)
第4章 次の1週間で、モノを整える(9日目 心と体を整える
10日目 全ての部屋―家の消耗を整える ほか)
第5章 親の家の「その後」を見守る(モノが残っていても、辛抱強く見守る
「玄関、廊下、トイレには何も置かない」を維持する ほか)

出版社・メーカーコメント

モノを捨てたら、親子の問題も片づいた!ミニマリスト流、汚部屋の片づけ方突然、義理の両親と同居することが決まったやまさん。そこから始まった壮絶な「捨てて、捨てて、捨てて……」の引っ越しと、二世帯生活。本書では、やまさんがこれまでの暮らしで実践してきた「ミニマリスト流捨てる技術」、そして、今回実際に親の家を片づけ、失敗しながらも学んだ「親の家の片づけだからこそやるべきこと」を、1冊に凝縮しています。お盆やお正月に帰省するたびに、実家(義理の両親の家)が気になっている、片づけられない家族がいる、遺品整理に困っている……など、子ども世代のあらゆる悩みに対応した内容となっています。親が元気なうちに、なるべくもめずに片づけたい方に、おすすめの1冊です。

著者紹介

やまぐち せいこ (ヤマグチ セイコ)  
ミニマリスト、主婦。ブログ「少ない物ですっきり暮らす」主宰。通称やまさん。にほんブログ村ライフスタイル部門1位の人気ブロガー。1977年生まれ。転勤族で引っ越しが多かったことをきっかけに、モノを持たないミニマリストとしての生活を始める。2016年春から義父母と同居することに。現在は夫、長男、長女、義理の両親と、大分県の田舎で二世帯住宅に暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)