• 本

花野 隅田川御用帳 16 長編時代小説

光文社文庫 ふ17−21 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-334-77516-2
4-334-77516-0
税込価格 648円
頁数・縦 286P 16cm

商品内容

要旨

「切られた縁を元に戻してほしい」―。縁切り寺の御用宿「橘屋」に駆け込んだ上総の女おふきは、そう訴えた。珍しい駆け込みに戸惑う用心棒の十四郎と主のお登勢。十四郎が、離縁した元亭主に会って話を聞いてみると、背後に上総の幕領を巡る事件の影がちらつく。上総へ渡った十四郎が掴んだ恐るべき「真実」とは―。壮大な物語を描いた著者の代表シリーズ第十六弾。

おすすめコメント

楽翁の命を受けて十四郎は上総に赴く……。そして、お登勢と塙十四郎はようやく祝言を挙げる!連続刊行第16弾。

著者紹介

藤原 緋沙子 (フジワラ ヒサコ)  
高知県生まれ。2002年、「隅田川御用帳」シリーズで小説家デビュー。’13年、「隅田川御用帳」シリーズで第2回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)