• 本

データで見る太平洋戦争 「日本の失敗」の真実

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-620-32462-3
4-620-32462-0
税込価格 1,836円
頁数・縦 206P 21cm

商品内容

要旨

太平洋戦争を日本はどのように戦い、負けたのか?数字が証言する、“一億総特攻戦”のリアル。

目次

第1章 230万人はどのように戦死したのか?
第2章 神風は吹いたのか?―4000人が死んだ「特攻」
第3章 真珠湾攻撃は米国を砕いたのか?―国力4分の1、日本の大ばくち
第4章 欲しがらずに勝てたのか?―国民生活圧迫、子供の平均身長が縮んだ
第5章 戦艦大和は不沈艦だったのか?―沖縄海上特攻、最後の戦果は撃墜3機
第6章 沖縄は「捨て石」だったのか?―本土決戦準備、近衛兵は芋を植えていた
第7章 アジアは一つだったのか?―帝国崩壊、死者は2000万人を超えた

おすすめコメント

秘蔵写真と数字で蘇る真実の太平洋戦争! 大反響を呼んだ毎日デジタル企画。著名人のリアルな証言も収録。

著者紹介

〓橋 昌紀 (タカハシ マサキ)  
東京都出身。早稲田大学法学部卒。地方ブロック紙記者を経たのち、2002年4月毎日新聞入社。仙台支局、夕刊編集部、社会部、経済部、デジタル報道センターなどを経て、17年4月より毎日新聞山形支局次長。これまで国土交通省、海上保安庁、内閣府(経済財政政策担当)、航空・鉄道・海運、建設、重工業、自動車、製鉄業界などを担当。主な取材歴に「函館ハイジャック事件」「耐震強度偽装問題」「JR福知山線脱線事故」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)