• 本

あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々

出版社名 集英社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-08-771117-2
4-08-771117-X
税込価格 1,836円
頁数・縦 219P 19cm

商品内容

要旨

1920年から終戦まで日本の統治下にあったパラオ。そこには南洋庁という役所が置かれ、作家の中島敦をはじめ、日本から移り住む者も多かった。「楽園」と呼ばれた島で、日本人移民と現地島民が織りなす暮らし。そして「戦争」のリアルとは―。各地で拾い集めた、75年前の「日常」の証言。植民地支配の歴史を、そこに暮らした人々の視点から見つめなおすルポルタージュ。

目次

01 七十五年後の南洋へ
02 マリヤンを知るひと―パラオ放送局・山口さん
03 オフレコ―ニーナ・アントニオさん
04 マルキヨク、不思議な符合―アイライさん
05 二人の日本人―Morikawaと軍医
06 デレベエシール―パラオの日本語歌謡
07 パラオ再訪―ナビゲーター・ケルヴィンとの出会い
08 それぞれのパラオで―北原尾・工藤さん
09 少年兵だった―環野・久保さん

出版社・メーカーコメント

日本統治時代のパラオや南洋を知るお年寄りを訪ねて、当時のエピソードを収集する歴史ルポルタージュ。植民地支配の歴史を、そこに暮らした日本人移民と現地島民の「日常」の視点から描き出す。

著者紹介

寺尾 紗穂 (テラオ サホ)  
1981年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文学比較文化コース修士課程修了。2006年に『愛し、日々』でシンガーソングライターとしてデビュー。音楽活動のかたわら、ノンフィクションやエッセイを執筆し、文筆家としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)