• 本

国連で学んだ修羅場のリーダーシップ

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-16-390699-7
4-16-390699-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 286P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

30年以上にわたり国連に勤務、主に国連WFP(国連世界食糧計画)にて活躍し、緊急支援の最前線に立ち続けた日本人がいる。忍足謙朗(おしだりけんろう)氏だ。WFPアジア地域局長などを務め、ボスニア、コソボなどの紛争地域、カンボジア、北朝鮮、そして自衛隊引き揚げで話題になった過酷な紛争地域・スーダンでも食糧支援の指揮をとった。スーダンでは、混乱きわめる“修羅場”で77国籍からなる3,000人のスタッフを、冷静で大胆かつ思いやりのあるリーダーシップで導いた。本書では、そんな忍足氏が、これまでの自らの活動を振り返り、それぞれの現場の各局面で何を考え、どのようなポリシーで行動したのかを詳細に綴っている。そこからは、異なる国籍の人々を束ね一つの目的に向かわせる、グローバルなリーダーシップのあるべき姿をうかがい知ることができる。著者は2015年に帰国し、国際協力に興味をもつ若い世代の育成に貢献している。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2017年09月20日]

商品内容

要旨

国際支援の現場で伝説のリーダーとなった彼は、どのように77国籍のチームを率いたのか。災害・紛争地域に食糧を届ける。元国連WFPアジア地域局長、忍足流リーダーシップの極意。世界で生きる、グローバルに働く。

目次

プロローブ 国籍のないパスポート
第1章 アフリカで国連職員として働く
第2章 紛争地域で緊急支援をする
第3章 カンボジアと北朝鮮
第4章 本部で学んだリーダーシップのあり方
第5章 スーダンの修羅場で判断を下す
第6章 生まれ変わっても、またこの仕事をやるだろう

著者紹介

忍足 謙朗 (オシダリ ケンロウ)  
1956年、東京都生まれ。国連世界食糧計画(国連WFP)元アジア地域局長。School for International Training(アメリカ、バーモント州)で国際行政学を学び、修士号取得。30年以上にわたり国連に勤務し、人道支援、開発支援の現場で活躍。WFPでは、ボスニア紛争、コソボ紛争などの紛争地、カンボジア、スーダンでも大規模な緊急支援の指揮をとる。北朝鮮の食糧支援にも関わり、何度も視察に入った。2015年に帰国し、国際協力に興味をもつ若い世代の育成に貢献している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)