• 本

外国人労働者をどう受け入れるか 「安い労働力」から「戦力」へ

NHK出版新書 525

出版社名 NHK出版
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-14-088525-3
4-14-088525-4
税込価格 842円
頁数・縦 188P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

日本で働く外国人の数が、二〇一六年に初めて一〇〇万人を超えた。飲食業や建設業をはじめ、低賃金・重労働の業種ほど日本人が集まらず、外国人の労働力なくしては、もはや日本の産業は成り立たない。一方で、日本人の雇用が奪われるのではないかと懸念する声もある。外国人たちの悲惨な「奴隷労働」の実態や、識者や企業への取材をふまえて、これからの「共存」のあり方について多角的な視点でまとめる。

目次

第1章 最下層労働者たちの実態―シェルターで見た奴隷労働(「使い捨て」の実態
人権を無視した「奴隷制度」
国際社会からの糾弾)
第2章 外国人受け入れの建前と矛盾―それでも日本で働きたい?(技能実習制度の矛盾
変貌する「外国人労働」の現場
アジア人材争奪戦における日本
人手不足を補う実習生)
第3章 「共生」社会を目指して―二〇二〇年の労働力どうなる?(見直される外国人受け入れの指針
新しい“格差”―多重格差社会
外国人と「共に暮らす」社会へ)

おすすめコメント

2020年に向けて、400万人以上の労働力が不足するとされる日本。外国人労働者が担っている低賃金・重労働の悲惨な“奴隷労働”の実態と、その主因とされる技能実習制度の“嘘”を浮き彫りにする。