• 本

子どもの脳を傷つける親たち

NHK出版新書 523

出版社名 NHK出版
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-14-088523-9
4-14-088523-8
税込価格 842円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

マルトリートメント(不適切な養育)が子どもの脳を“物理的”に傷つけ、学習欲の低下や非行、うつや統合失調症などの病を引き起こすことが明らかになった。脳研究に取り組む小児精神科医が、科学的見地から子どもの脳を解明し、傷つきから守る方途と、健全なこころの発達に不可欠である愛着形成の重要性を説く。

目次

序章 健全な発達を阻害する脳の傷つき
第1章 日常のなかにも存在する不適切な養育
第2章 マルトリートメントによる脳へのダメージとその影響
第3章 子どもの脳がもつ回復力を信じて
第4章 健やかな発育に必要な愛着形成
終章 マルトリートメントからの脱却

おすすめコメント

発達段階にある子どもの脳は、マルトリートメント(不適切な養育)を受けたとき、物理的に損傷し、学習意欲の低下や非行、心の病などにつながっていくことが明らかになった。脳科学研究に取り組む小児精神科医が、健全な心の発達を阻害するマルトリートメントの実態を紹介し、親子の愛着の大切さを説く。

著者紹介

友田 明美 (トモダ アケミ)  
1987年、熊本大学医学部医学研究科修了。医学博士。同大学大学院小児発達学分野准教授を経て、2011年6月より福井大学子どものこころの発達研究センター教授。同大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長兼任。2009〜2011年、および2017年4月より日米科学技術協力事業「脳研究」分野グループ共同研究日本側代表者を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)