• 本

これが長期投資の王道だ

出版社名 明日香出版社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-7569-1922-9
4-7569-1922-7
税込価格 1,836円
頁数・縦 317P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一般的な株式投資は全面否定。年利5%を18年続ける3000億円のファンドを創設した長期投資のパイオニアが、「本物の株式投資」実践法を初公開!

目次

第1部 投資というものを考え違いしている(投資とは名ばかりで、銭ゲバをやっているだけ
マーケットを甘くみてはいけない
投資とは、リスクを取りにいくもの
機関投資家も、投資というものができなくなっている
世界的にも運用ビジネスの限界がみえてきた)
第2部 これが本物の株式投資だ“実践編”(投資に難しい理論もテクニックも不要
長期投資のリズムを大事にする
アセット・アロケーションの切り換えがすべて
企業の利益成長サイクルを抑えよう
付加価値分析
ゼロ成長企業にだって長期投資できる
本当のお金持ちの運用)
第3部 生活者投資家が成熟経済の主役となる(資本主義の限界とか終焉とかいわれるが
生活者投資家が資本主義を立て直す
企業にとって本当の株主とは)

おすすめコメント

年利5%を18年続け3000億円のファンドを運用するカリスマ投資家が「本物の株式投資法」をはじめて全公開。日本における長期投資の第一人者だから書ける、投資の本質、勝ち方、投資先の具体的な選び方、資本主義の功罪まで、1冊の本にまとめるのは著者初となる。

著者紹介

澤上 篤人 (サワカミ アツト)  
株式会社さわかみホールディングス代表取締役。1971年から74年までスイス・キャピタルインターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。その後、80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年にさわかみ投資顧問を設立し、99年に日本初の独立系投資信託会社であるさわかみ投信を設立。販売会社を介さない直販にこだわり、長期投資の志を共にできる顧客を対象に、長期保有型の本格派投信「さわかみファンド」を運営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)