• 本

家賃について考えてみたら、収益を上げる方法が見えてきた。 家賃をサイエンスする空室対策

出版社名 筑摩書房
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-480-87892-2
4-480-87892-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 221P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

大空室時代を乗り切るために―。空室対策にはまず、入居者のニーズの見極めが肝心です。賃貸不動産に精通した著者が豊富な事例をもとに、家賃評価を切り口にしたニーズの読み方と、状況に見合ったベストの対策案を伝授します。

目次

プロローグ
第1章 空室対策の常識を疑ってみる
第2章 数字で見るマンション・アパート経営
第3章 家賃はどうやって決まるのか
第4章 家賃が物件の価値である
第5章 物件の価値を分析する
第6章 実際の事例で考える家賃対策Q&A
結論 家賃はサイエンスできる
エピローグ

おすすめコメント

大空室時代の不動産投資はニーズの見極めが肝心。賃貸不動産に精通した著者が、「家賃」を切り口に入居者ニーズのとらえ方を伝授する

著者紹介

亀田 征吾 (カメダ セイゴ)  
三和エステート株式会社常務取締役。賃貸仲介事業、賃貸管理事業、そして投資アパート事業と、総合的な賃貸不動産マネージメントに携わる。業界歴20年で築いた独自の理論である「物件の価値算出法」に基づく空室対策術が大きな反響を呼び、悩める大家さんへ向けた空室対策セミナーなど精力的に活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)