• 本

はじめてまなぶ行動療法

出版社名 金剛出版
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-7724-1572-9
4-7724-1572-6
税込価格 3,456円
頁数・縦 333P 21cm

商品内容

要旨

サイコセラピーの歴史そのものと呼ぶにふさわしい行動療法の研究と実践の歴史をわかりやすくガイドしながら、「パブロフの犬」の実験から、認知行動療法、DBT、ACT、マインドフルネス、臨床行動分析まで最新ムーブメントをカバーした、学生・研究者・実践家必読の行動療法入門ガイド!

目次

1 はじめての行動療法
2 要素的実在主義―レスポンデント条件づけからエクスポージャーへ
3 文脈主義1―オペラント条件づけから機能分析・行動活性化へ
4 文脈主義2―言語行動からACTへ
5 関係性を築き、介入を始める
6 臨床行動分析を支える背景

著者紹介

三田村 仰 (ミタムラ タカシ)  
日本大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了、修士(心理学)。関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学、博士(心理学)。現職、立命館大学総合心理学部・准教授。みどりトータルヘルス研究所・カウンセラー。専門、認知行動療法(臨床行動分析)、機能的アサーション・トレーニング(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)