• 本

リーダーシップの探求 変化をもたらす理論と実践

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-657-17010-1
4-657-17010-4
税込価格 3,024円
頁数・縦 510P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

リーダーシップに権限やカリスマ性はいらない。いま社会が求めるのは、他者との関係性を活用しながら自分を認識し開発する「関係性」リーダーシップだ!初心者にも理解しやすく解説し、大学の授業、企業や官庁の人材開発での使用にも耐える、世界的ベストセラー。

目次

第1部 変化し続ける世界で求められるリーダーシップ(リーダーシップ入門
リーダーシップの変遷 ほか)
第2部 自己のリーダーシップの可能性を探る(自己を理解する
他者を理解する ほか)
第3部 リーダーシップ実践の文脈(コミュニティに属すること
チームやグループでの相互作用 ほか)
第4部 リーダーシップで変化をもたらす(変化を理解する
変化への戦略 ほか)

著者紹介

コミベズ,スーザン・R. (コミベズ,スーザンR.)   Komives,Susan R.
メリーランド大学名誉教授
日向野 幹也 (ヒガノ ミキナリ)  
早稲田大学大学総合研究センター教授。1954年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業。1983年同大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。東京都立大学経済学部教授を経て2005年立教大学教授。同大学経営学部で2006年に日本初の学部生必修を含むリーダーシップ開発プログラムBLPを立ち上げ発展させ、さらに2013年にはこれを基礎に全学選択科プログラムGLPを開始した。2016年より早稲田大学に移籍し、早稲田リーダーシッププログラム(LDP)を立ち上げた
泉谷 道子 (イズミタニ ミチコ)  
合同会社Nourish Japan代表。松山大学非常勤講師。1996年ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業。2013年九州大学大学院人間環境学府博士課程修了。心理学博士(九州大学)。愛媛大学教育学生支援機構特任助教、松山大学経営学部特任講師を経て現職。愛媛大学・松山大学を中心に国内外で50以上のリーダーシップ教育プログラムを企画・実施。西日本学生リーダーズ・スクール(UNGL)の立ち上げに携わる。リーダーシップの発達階段とそれに応じた支援をテーマに研究を重ねている
丸山 智子 (マルヤマ トモコ)  
愛媛大学教育・学生支援機構特任助教。東京学芸大学教育学部卒業。コロンビア大学ティーチャーズカレッジ修士課程修了。博士(学術)(芝浦工業大学)。プロジェクトマネジメントの教育会社において、リーダーシップ研究・研修やコンサルティングを通してリーダーの育成に携わる。2013年より現職。習得した知識を行動に結びつける教育プログラムの研究を進め、2008年に理工系大学院でアクティブラーニングによるリーダーシップ教育を立ち上げる
安野 舞子 (ヤスノ マイコ)  
横浜国立大学高大接続・全学教育推進センター准教授。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)教育学大学院よりPh.D.(Education)。創価大学教育・学習活動支援センター助教、横浜国立大学大学教育総合センター講師を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)