• 本

高丘親王航海記 新装版

文春文庫 し21−7

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-16-790925-3
4-16-790925-1
税込価格 778円
頁数・縦 267P 16cm

商品内容

要旨

貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。幼時から父平城帝の寵姫藤原薬子に天竺への夢を吹き込まれた親王は、エクゾティシズムの徒と化していた。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王が、旅に病んで考えたことは。著者の遺作となった読売文学賞受賞作

著者紹介

澁澤 龍彦 (シブサワ タツヒコ)  
昭和3(1928)年、東京に生れる。本名澁澤龍雄。東大仏文科卒業。マルキ・ド・サドの著作を日本に紹介するかたわら多くのエッセイを発表、小説にも独自の世界を開いた。62年8月病没。56年「唐草物語」で泉鏡花文学賞、63年「高丘親王航海記」で読売文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)