• 本

春雷

祥伝社文庫 は12−3

出版社名 祥伝社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-396-34348-4
4-396-34348-5
税込価格 756円
頁数・縦 375P 16cm

商品内容

要旨

“鬼隼人”許すまじ―怨嗟渦巻く豊後・羽根藩。新参の多聞隼人が“覚悟”を秘し、藩主・三浦兼清を名君と成すため、苛烈な改革を断行していた。そんな中、一揆を招きかねない黒菱沼干拓の命を、家老就任を条件に隼人は受諾。大庄屋の“人食い”七右衛門、学者の“大蛇”臥雲を招集、難工事に着手する。だが城中では、反隼人派の策謀が…。著者畢生の羽根藩シリーズ第三弾!

出版社・メーカーコメント

日本人の凛(りん)たる姿を示す羽根(うね)藩シリーズ第3弾、待望の文庫化!〈鬼隼人(おにはやと)〉許すまじ――怨嗟(えんさ)渦巻く豊後(ぶんご)・羽根(うね)藩。新参(しんざん)の多聞(たもん)隼人が“覚悟”を秘し、藩主・三浦兼清(みうらかねきよ)を名君と成すため、苛烈(かれつ)な改革を断行していた。そんな中、一揆(いっき)を招きかねない黒菱沼(くろびしぬま)干拓の命(めい)を、家老就任を条件に隼人は受諾。大庄屋の〈人食い〉七右衛門(しちえもん)、学者の〈大蛇(おろち)臥雲(がうん)を招集、難工事に着手する。だが城中では、反隼人派の策謀が……。筆者畢生(ひっせい)の羽根藩シリーズ第3弾!

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒。地方紙記者などを経て、2005年、『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、文壇へ。07年、『銀漢の賦』で松本清張賞を、12年、『蜩ノ記』(祥伝社文庫)で第一四六回直木賞を、16年、『鬼神の如く』で第二〇回司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)