• 本

ありきたりの狂気の物語

ちくま文庫 ふ50−3

出版社名 筑摩書房
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-480-43460-9
4-480-43460-7
税込価格 972円
頁数・縦 476P 15cm

商品内容

要旨

なぜか酔いどれの私が付添人を務めることになった結婚式のめちゃくちゃな顛末(「禅式結婚式」)。残業だらけの工場を辞め、編集者として再出発した男がやらかした失敗の数々(「馬鹿なキリストども」)。何もかもに見放された空っぽでサイテーな毎日。その一瞬の狂った輝きを切り取った34の物語。伝説的カルト作家による愛と狂気と哀しみに満ちた異色短篇集。

著者紹介

ブコウスキー,チャールズ (ブコウスキー,チャールズ)   Bukowski,Charles
1920‐94年。ドイツ生まれ。3歳でアメリカに移住。LAシティ・カレッジ中退ののちアメリカ各地を放浪し、24歳で最初の小説を発表する。その後は郵便局に勤務しつつ創作活動を続ける。現在までに100冊に及ぶ著作が刊行されている
青野 聰 (アオノ ソウ)  
1943年、東京生まれ。早稲田大学中退。作家。1979年『愚者の夜』で芥川賞受賞。『女からの声』で野間文芸新人賞、『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、『母よ』で読売文学賞を受賞する。2008年、紫綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)