• 本

経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-620-32449-4
4-620-32449-3
税込価格 1,080円
頁数・縦 187P 18cm

商品内容

要旨

下山の時代を、より“おもしろく”。

目次

1章 上り坂から下り坂へ、時代の節目を生きる(怒りの正体
言論の自由を断固守りたい ほか)
2章 地方の活力に学べ(銀行より劇団
子どもを産む活力 ほか)
3章 下り坂か、高原か(寂しい人をほめる
イノベーションで成長は無理 ほか)
4章 おもしろい生き方ができる、おもしろい国(なぜ就職しなければならないのか?
評価の奴隷 ほか)

おすすめコメント

「里山資本主義」(藻谷)×「下り坂をそろそろと下りる」(平田)、初の対談!!若者に希望をつなぐためのユニークな国家論とは?

著者紹介

平田 オリザ (ヒラタ オリザ)  
1962年東京都生まれ。劇作家、演出家。劇団「青年団」主宰。国際基督教大在学中に劇団「青年団」を結成。「東京ノート」で岸田國士戯曲賞。鳩山政権で内閣官房参与。大阪大COデザインセンター特任教授。東京藝術大特任教授
藻谷 浩介 (モタニ コウスケ)  
1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外90カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)