• 本

人間関係の疲れをとる技術 自衛隊メンタル教官が教える

朝日新書 630

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-02-273094-7
4-02-273094-3
税込価格 842円
頁数・縦 270P 18cm

商品内容

要旨

自衛隊でメンタルヘルス教官を務めてきた著者が、自分の感情にフタをせずに、しっかりとケアすることで、人づき合いをグッと楽にする技術を伝授。今日から使える、実践的スキルが満載!

目次

序章 人はもともと「人が怖い」
1章 まず、「我慢」をやめてみよう
2章 すべての感情には意味がある
3章 感情にフタをせず、ケアをすれば楽になる
4章 「いい加減な自分」を認めると、人生はうまくいく
5章 家族関係の疲れをためない技術
6章 「役割の戦場=組織」を生き抜く

おすすめコメント

自衛隊でメンタル教官を務めてきた人気カウンセラーが、人間関係の疲れをとる技術を伝授。嫌なことがあっても「我慢する」「忘れる」という対処だけでは、知らないうちに「防衛(恨み)記憶」が育ち、ますますその人のことを嫌いになる。「自分の感情をケアする技術」を知り、「人はこうあらねばならない」という価値観を少しゆるめれば、人間関係はスーッと楽になる。

著者紹介

下園 壮太 (シモゾノ ソウタ)  
1959年、鹿児島県生まれ。82年、防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊入隊。心理幹部として多くのカウンセリングを手がける。大事故や自殺問題への支援で得た経験をもとに独自の理論を展開。2015年8月に定年退官。現在はNPO法人メンタルレスキュー協会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)