• 本

戦いすんで日が暮れて 新装版

講談社文庫 さ6−5

出版社名 講談社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-06-293773-3
4-06-293773-5
税込価格 691円
頁数・縦 292P 15cm

商品内容

要旨

ボンクラ亭主が拵えた山のような借金。妻はそれを肩代わりして、憤りに燃えながらも休む間もなく奮闘する。瑞々しくユーモアとペーソスに溢れる、直木賞受賞作。表題作のほか、「ひとりぽっちの女史」「ああ男!」「田所女史の悲恋」など全八篇を収録。あらゆる世代を魅了する著者の代表作、待望の新装版化。

おすすめコメント

『九十歳、何がめでたい。』の原点。弱気な夫の代わりに巨額の借金を背負って奮闘する妻を描く直木賞受賞作。他傑作短篇7編収録。

著者紹介

佐藤 愛子 (サトウ アイコ)  
1923年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。’69年『戦いすんで日が暮れて』(本書)で第61回直木賞、’79年『幸福の絵』で第18回女流文学賞、2000年『血脈』の完成により第48回菊池寛賞、’15年『晩鐘』で第25回紫式部文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)