• 本

小さな大世界史 アフリカから出発した人類の長い旅

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-623-07140-1
4-623-07140-5
税込価格 3,024円
頁数・縦 373,10P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は、オーストラリアの歴史家・ブレイニーがコンパクトにまとめた世界史。アフリカを出発した人類が各地に散らばり、いかに暮らし、働き、技術を磨いたのか。ヨーロッパを相対化しつつ、著者ならではのユニークな視角で、世界の大きな流れをいきいきと描き出す。随所にちりばめられる軽妙な比喩とユーモアも味わい深いダイナミックな通史。

目次

第1部 二〇〇万年前から一〇〇〇年まで(アフリカから
海面の上昇
最初の緑の革命 ほか)
第2部 一〇〇〇年から一八〇〇年まで(モンゴル人と中国人の拡張
気候と病気の危機
新たな伝達者たち―新しい発見と発明 ほか)
第3部 一八〇〇年から今日まで(一組のトランプの崩壊
サハラの彼方
蒸気機関と都市化 ほか)

著者紹介

南塚 信吾 (ミナミズカ シンゴ)  
1970年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、NPO歴史文化交流フォーラム付属世界史研究所所長。千葉大学・法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)